倉庫管理で作業の効率化倉庫管理に関すること

応援幕作成依頼の時の注意点

真剣に試合をこなしているスポーツ選手に、または試験に向かう受験者に直接声をかけるのと同等以上のメッセージを込められる応援幕はインパクトがあり、また記念にもなります。倶楽部フラッグとして毎回繰り返し使用して歴戦を戦う同志ともなりうるものです。さて、いざ作成をする時の注意は使用する会場や場所に合わせる事です。テレビのスポーツ中継などで応援幕はお馴染みですが、体育館などで使用することがメインならば他の観客に迷惑にならない大きさにとどめなければなりません。大きな大会ではポールなどの長い棒状のものは危険物扱いされることもあるので注意が必要です。基本は大きさでおよその料金が決まるので使用場所を考えて一番使いやすい大きさを決定します。デザインはパソコンにワードやエクセルなどではなくフォトショップなど画像に落としておくことです。印刷する生地質により印象がずいぶん変わりますので生地選びは慎重にすることが大切です。はと目や棒袋をつけて屋外ではポール仕立てにできるようにすることもできます。必ず見積もりや校正を確認し思い通りの商品に仕立てましょう。


応援幕を効果的に使う方法とは

応援幕を効果的に使うためには正しい使い方を考える必要があり、幕にあるメッセージを的確に伝わるようにする必要があります。正しいメッセージを伝えるには相手に見やすいように適切なレイアウトを考える必要があり、見やすい場所を考えて広げる方法が望ましいです。応援幕を作成するためには相手に伝えたいメッセージを考えてからレイアウトを考える必要があり、字の大きさや色合いなどを考える必要があります。相手に正しく伝えるようにするためには見え方などを考えて作成することがポイントであり、完成したイメージなどを考えることが大事です。応援幕を作るには大きさを考える必要があり、設置する場所を考えて選ぶ方法が望ましいです。設置する場所を選ぶには相手から見えやすくする必要があり、会場の様子などを考えてから適切な場所を探す必要があります。


応援幕は色の配置が命!

チームの応援の際、応援幕は欠かせない物だと思いますが、これを作るコツを紹介します。それはズバリ「チームのカラーをバックに大きく入れる」事です。当たり前の事ですが、これが総合的に見て一番大事なポイントになります。まず、応援席に居る時、チームカラーが青だったら皆が青い物を付けてたりすると思います。そうすると、青い幕(無地)を掲げても、それっぽくみえてしまうのです。なのでまずは、チームのイメージカラーをバックに入れる、コレが大前提です。つぎに、そこに文字を入れると思いますが、それらの文字のふちは絶対に「ネオンカラー」を使う事をおすすめします。そうする事により、より文字を引き立たせる事が出来、見えるのです。このように、応援幕は色の配置が命です。みなさんも作るときは是非、色の配置に気をつけて作ってくださいね!

コメントする

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)