倉庫管理で作業の効率化倉庫管理に関すること

応援幕の形態と役割について

学生の時の体育大会や部活動での大会を始め、プロ野球の試合からプロサッカーなど、本当に色々な場面で所属する人々や応援する人は一致団結し、自分の贔屓するチームを応援します。応援団があったり、応援歌を作ったり、お揃いの衣装を用意したり団結力を強め、また他のチームよりも目立つために応援するための手法は創意工夫されています。どこのチームでも見られるものに応援幕があります。それぞれのチームにあるチームカラーを用いていたり、励ましやカツを入れる言葉などが書かれてあることが多いですね。個人で好きなプロの選手の名前を書いている人もいます。また、国際大会などであったら、ナショナリティーを強く出す場合が多く、国旗そのものが応援幕のような役割をしている時もあります。その国を代表して世界の舞台に立っている選手にとっては大変心強いものになるのでしょう。


応援幕の具体的な作り方について

応援幕はやはり自分たちで作った方が思いを込められると思うので、手作りをオススメします。そこで、作り方を書きます。まず紙のサイズを決め、デザインを考えます。そして、色を塗る行程になったら、アクリル絵の具で塗るのか、水性ペンキで塗るのか、水性スプレーで塗るのかを決めます。アクリル絵の具は綺麗に仕上がりますが、結構コストがかかってしまいます。水性ペンキと水性スプレーは安いです。どちらかと言うと、水性ペンキの方がコストパフォーマンスは良いと思います。しかし、水性スプレーは塗るのが楽というメリットもあるので、そこは自分次第だと思います。私は水性スプレーをオススメします。そして、まずは適当に塗り、重ね塗りで完成度をあげていく方法が良いと思います。重ね塗りをすることで、より絵に立体感や深みが出るので、非常に良い出来になると思います。


応援幕でスポーツ観戦を感動的に

いよいよ4年に一度のサッカーの祭典ワールドカップが開催されますが、スポーツ大会の応援に欠かせないのが応援幕です。テレビでスポーツ観戦をしているとサッカーに限らず野球やマラソンなどで多種多様の応援幕が見受けられます。のぼり風や選手の名前が入った横断幕、スローガンが入った垂れ幕なんかもありますね。筆者にも球技スポーツの経験がありますが、大会という特別な試合の時に自分の学校の横断幕やいつも練習で唱えていたスローガンの垂れ幕、その後ろから来る声援を思い出すと今でも胸が熱くなります。辛い時、必ずそのスローガンを見上げました。応援幕は肉声では届かない声援の代弁なのです。意外にお手頃価格なのが嬉しい横断幕。世界でただひとつの名前入り横断幕で好きなスポーツ選手や我が子の応援など感動の思い出作りに利用してください。

コメントする

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)