6月はブラジルでサッカーのワールドカップが開かれます。世界中からサッカーファンが集まって、サッカーの本場ブラジルで、自国の試合が行われるのを力いっぱい応援するのです。そんな時に、応援幕を持って行って、みんなで応援するというのは、楽しいものでしょう。各国の応援幕に個性が出ます。テレビでは欧州のサッカーリーグも日本人が活躍しているということで、放送されることがあるのですが、ドイツのブンデスリーガでも、イタリアのセリエAでも、素晴らしい応援幕が掲げられて、スタジアムが最高潮に達しているのを目にすることがあります。もちろん、日本のJリーグでもそれらを参考に、本場に負けないような力強い応援をしているようです。こんなふうに応援されるともなれば、ピッチ上の選手も頑張ろうという気になるのではないでしょうか?


自作で応援幕を作りました。

僕の高校時代の友人がサッカー日本代表に選ばれた時に友人と自作で応援幕を作りました。まずは薄い布旗を買いました。あとは水性エナメルを買いました。筆で書くタイプです。マスキングテープもあったほうがいいです。スプレーのほうが乾くのが早いけど難しそうなのでやめました。初めての作成だったので仕上がりははっきり言ってあまりよくありませんが自作の幕を持って応援した時は楽しかったです。試合にも出場したしゴールは決められなかったけど活躍していたのでよかったです。あとで本人に聞いたところ応援幕には気がついたと言ってました。サッカー日本代表はもうすぐW杯が始まります。僕はブラジルまで応援には行けませんがW杯での試合は応援幕を持ってみんなで応援する予定です。時間があればまた友人と自作で作成しようかと思ってます。その時はもっとキレイに仕上げたいです。


子供の野球の応援幕を作る

子供の野球チームでは応援幕を作っているのです。そこで初めての時はなんとお母さんたちが手作りで布を買ってきてロゴをつけたりして色を塗って作ったこともありました。何か応援できるものがほしいと思った時に数人のお母さんたちが集まって手作りで応援幕を作ったのです。これが結構時間がかかったのですが、でもすごく楽しい時間を過ごせたと思います。みんなで子供のために素敵なチームの旗を作りたいとおいう思いがあったのです。それを使って応援をしたときに子供たちも頑張ってくれたのです。それからやっとみんなでお金を出し合ってきちんとした応援幕を業者にお願いして作ってもらいました。それですごく素敵な物が完成したのです。これはいい思い出になったと思います。そうやっていいものが作れるのでぜひやってみるといいともいます。いいものが完成できます。